病気やケガをしたとき

更新日: 2017年09月25日

病気やケガをしたときに受けられる給付や手続きをご案内します。

医療機関等を受診するときの一般的事項

医療機関での窓口負担額を軽減する手続き

医療機関等で支払う医療費が高額になった場合に、窓口で支払う額を軽減する制度があります。

医療費を全額自己負担したときの手続き

組合員証(被扶養者証)が手元にないときに緊急で医療機関を受診した、前健康保険に医療費を返納した、海外でやむを得ず医療機関を受診した等の理由で医療費を全額自己負担したときは、その費用を共済組合に請求できます。

医師の指示に基づいて治療用必要な装具、小児弱視等の治療用眼鏡、弾性着衣等を作製(購入)したときは、その費用を共済組合に請求できます。

組合員や被扶養者が公費負担医療費助成に該当したときの手続き

組合員及び被扶養者が重度心身障がいや指定難病等の公費負担医療費助成制度に該当したときは、共済組合への届出が必要です。