治療を受けられる病院や診療所

更新日: 2017年08月25日

組合員証を使って治療を受けられる病院など

  組合員や被扶養者の方が組合員証を使用して医療を受けられる病院などは、契約医療機関、保険医療機関、直営病院の3種があります。

契約医療機関

  組合員や被扶養者の方の療養のために公立学校共済組合が診療契約を結んでいる国の各省庁の共済組合などが設置している病院などです。これらの病院などについては、組合員の方の一部負担金の免除や被扶養者の方の医療費の割引のある場合があります。

保険医療機関

  都道府県知事が保険診療を行うよう指定した一般の病院などです。

直営病院

  組合員や被扶養者の方が安心して医療を受けることができるように、公立学校共済組合が直接運営する全国8か所に設置している病院です。

  これらの病院は、組合員の方のみならず一般の方々にも大いにご利用いただいており、地域医療の充実にも貢献しています。
  また、最近の医学の進歩に対応して、質の高い医療を提供するとともに、人間ドック、1日健診など健康を守るための医療にも力をいれており、医療スタッフの充実、施設・設備の整備を図って、特色ある病院作りに努めています。
  なお、健康上の悩みを抱える組合員や被扶養者の方に対応するため、電話や文書による医療相談を行っておりますので、是非ご利用ください。
  相談方法などについては、各病院へお問い合わせください。

関連リンク

直営病院一覧

組合員および被扶養者の方に対する優遇措置