死亡したとき

更新日: 2018年01月17日

  組合員又はその家族が不幸にも死亡した場合は、公立学校共済組合から埋葬に要する給付と弔慰に関する給付等が受けられます。
  また、組合員が死亡したときは組合員資格がなくなり、被扶養者が死亡したときは被扶養者の資格がなくなりますので手続をしてください。

  その他、ご利用中の共済組合事業について、必要な手続きをしてください。

共済制度を知る

短期給付をうける

その他

ファミリー応援金

  平成29年11月より、福祉保険制度のリニューアルに伴い、「ファミリー応援金」を新設いたしました。

  ファミリー応援金は、組合員が在職中に死亡した場合、保険金を支給する制度です。
  請求、照会に関するお問い合わせ先は、下記「福祉保険制度」ホームページより、ご確認ください。

  また、請求書類は、大阪支部よりお送りしますので、健康・福祉担当へご連絡ください。
  ご連絡いただいた際には、保険金受取人と、請求書類送付先、組合員の最終出勤日等をお聞きします。