平成30年台風7号及び前線等に伴う大雨により被災された皆さまへ

更新日: 2018年08月02日

  このたびの大雨により被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。
  公立学校共済組合における災害に係る取り扱いなどについてお知らせします。

掲載内容一覧

  2018年7月27日現在では、次のことについて掲載しています。確認したい項目をクリックすると、詳細が記載されたページへ移動します。

項番対象項目こんなときにご確認ください
1 組合員(注記1)・被扶養者 医療機関での窓口負担の取り扱い、災害見舞金の給付

組合員証がお手元にないとき
医療機関での窓口負担の猶予を受けたいとき
大雨で住居や家財に損害が出たとき

2 組合員 被災時の住宅災害貸付け(注記2)

特定激甚災害で住宅またはその敷地が損害を受け、新築などのための資金が必要なとき

3 組合員 償還中の住宅貸付けなどに係る貸付利率の低減(注記2) 住宅貸付けなどを受けており、特定激甚災害で住宅またはその敷地が損害を受けたとき
4 年金受給者 年金の支給および手続きに係る取扱い

年金証書の再発行をしたいとき
「現況報告書」や「加給年金額対象者に関する現況届」などの提出書類を、期限までに提出することが困難なとき

5 被災者(注記3) 宿泊室の無料提供 宿泊室の無料提供を受けたいとき

注記1:「組合員」には、任意継続組合員も含まれます。
注記2:平成30年5月20日から7月10日までの間の豪雨及び暴風雨による災害(台風第5号、第6号、第7号及び第8号並びに平成30年7月豪雨など梅雨前線等による一連の災害)が対象となります。
注記3:「被災者」とは、避難指示(緊急)または避難勧告が発令された地域における当該災害に係る被災者を指します。