傷病手当金/傷病手当金附加金の請求手続き

更新日: 2022年01月25日

傷病手当金請求の流れは以下のとおりです。

事前審査提出→審査(1ヶ月程度)→審査結果のお知らせ→請求書作成・提出→支給

傷病手当金の請求に当たっては、まず「傷病手当金事前審査〔用紙No.傷病手当4〕」に必要書類を添付し、所属所長を通じて短期給付担当に提出してください。事前審査必要書類は「福利厚生事務の手引」を参照してください。

※病気休職により請求する場合、事前審査に「試算シート」の添付も必要です。
→傷病手当金試算シートはこちら

審査結果のお知らせが届きましたら、同封している請求書作成の御案内を確認の上、「傷病手当金・同附加金請求書」を作成・提出してください。請求書は1ヶ月ごとに作成し、請求期間末日の翌日以降に療養のために勤務できなかったことの証明を医師から受けて、提出してください。

関連リンク

 傷病手当金/傷病手当金附加金

ポイント解説

Q1

  土曜日や日曜日も傷病手当金の支給対象日になるのでしょうか。

A1

  週休の土曜日や日曜日は支給対象にはなりませんが、これらの曜日と重ならない祝日は支給対象となります。

  なお、臨時的任用職員や条件付採用期間の場合、非出勤日(土日祝日、年末年始休業期間等)は支給対象外です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。