人間ドック及び各種検診事業

更新日: 2021年04月28日

無料人間ドック検診事業

満40歳、50歳に達する組合員が、契約検診機関で人間ドックを受診する場合に経費の全額を助成します。対象者に利用券を配布します(5月下旬頃)

一般人間ドック検診助成事業

組合員又は被扶養者である配偶者が、契約健診機関で人間ドックを受診する場合に経費の一部を助成します。所属所で利用券の交付を申請してください。

※自己負担額 :満55歳の組合員(任意継続組合員を除く。) 5,000円(近畿中央病院の2泊3日コースは 11,000円)
:上記以外の組合員 8,000円(近畿中央病院の2泊3日コースは 14,000円)
:被扶養者である配偶者 14,000円(近畿中央病院の2泊3日コースは 21,000円)

脳ドック検診事業

頭部疾病等の早期発見のため、契約健診機関で無料人間ドックと同時に脳ドックを受診する場合に経費の全額を助成します。対象者に利用券を配布します。(5月下旬頃)

セルフケア脳ドック検診助成事業

組合員のうち、満45歳、満55歳に達する組合員及び定年退職予定(職員の定年等に関する条例に基づく者に限る。以下同じ)の組合員が、一般人間ドック検診受診の際に契約健診機関で脳ドックを併用受診する場合に、経費の一部を助成します。所属所で利用券の交付を申請してください。 ※自己負担額 :満45歳、満55歳に達する組合員 10,000円 定年退職予定の組合員 5,000円

前立腺検診事業

前立腺検診を満40歳、45歳、50歳以上の男性組合員が無料人間ドック検診又は一般人間ドック検診と併用する場合に、経費の全額を助成します。所属所で利用券の交付を申請してください。

骨粗しょう症検診事業

骨粗しょう症検診を満40歳、45歳、50歳以上の女性組合員が無料人間ドック検診又は一般人間ドック検診と併用受診する場合に、経費の全額を助成します。所属所で利用券の交付を申請してください。

乳がん・子宮頸がん検診事業

女性組合員が契約健診機関で乳がん・子宮頸がん検診を受けた場合、経費の全額を助成します。所属所で受診票又は利用券の交付を申請してください。ただし、次の場合は助成できません。
※人間ドック検診事業又は自己採取子宮頸がん検診事業を受診する(した)場合

自己採取子宮頸がん検診事業

女性組合員が郵送方式による自己採取子宮頸がん検診を受けた場合、経費の全額を助成します。所属所に通知しますので、その際に申込みください。ただし、次の場合は助成できません。
1 人間ドック検診事業又は健診機関で受診する子宮頸がん検診事業を受診する(した)場合
2 申し込んでも受診しなかった場合

大腸がん検診事業

組合員が郵送による大腸がん検診を受診した際、経費の全額を助成します。所属所に通知しますので、その際に申込みください。ただし、次の場合は助成できません。
1 人間ドック検診事業を受診する(した)場合
2 申し込んでも受診しなかった場合

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。