熊本支部の概要

更新日: 2020年01月30日

熊本県の公立学校の教職員は、教職員となった日から公立学校共済組合熊本支部の組合員となります。
その組合員の掛金と地方公共団体の負担金を財源として、組合員やその家族のための短期給付事業、長期給付事業及び福祉事業を行っています。

長期給付事業

組合員の退職後の生活の安定のため、退職共済年金、障害共済年金および遺族共済年金等の給付を行っています。民間の厚生年金保険に相当する事業です。

短期給付事業

組合員やその被扶養者の病気、負傷、出産、休業、災害などに関して給付金を支給します。民間の健康保険に相当する事業です。

福祉事業

組合員の福祉、健康の保持増進や日常経済生活を支援することにより、豊かな生活の維持向上を目指すための事業を行っています。

  • 住宅資金等の貸付事業
  • 人間ドック等の保健事業
  • 保健施設の開設や保養施設などの宿泊事業

関連リンク

組合員の範囲

掛金と負担金