介護休業手当金の請求手続き

更新日: 2020年04月01日

支給要件

  介護休業の承認を受けた組合員に給付されます。
        
1  要介護家族の範囲
(1)組合員の配偶者(届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある人を含む。)、父母、子、祖父母、孫、兄弟姉妹及び配偶者の父母
(2)組合員と同居している次の人
 父母の配偶者、配偶者の父母の配偶者、子の配偶者及び配偶者の子


2  支給期間
  介護を必要とする一の継続する状態ごとに、介護休業の日数を通算して66日を超えない期間
  注:県互助組合に加入している場合は、66日を超えた期間について県互助組合の「介護休暇手当金」の給付があります。


3  適用除外
(1)時間を単位として介護休暇を取得した日
(2)任意継続組合員


  次の書類を所属所(学校等)を経由して広島支部へ提出してください。

提出書類

介護休業手当金請求書
  様式は、「福利厚生事務の手引」様式集§10-038-3頁又は様式ダウンロード(給付関係09から11)に掲載しています。
注:時期に応じた様式を使用してください。

添付書類(いずれも原本証明を付したもの)

  • 初回請求時のみ休暇簿(介護休暇用)の写し。ただし、介護休暇期間の変更があった場合は、変更期間について請求する時に変更分の休暇簿の写し
  • 出勤簿の写し
  • 給与明細書の写し[給与等明細支払簿(領収証書)の写しでも可]

関連リンク

介護休業手当金