特定疾病療養受療証に関する手続き

更新日: 2022年07月14日

  組合員またはその被扶養者が、高額長期特定疾病(人工透析を必要とする慢性腎不全や血友病、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群等)に係る療養を受ける場合、特定疾病療養受療証を医療機関に提示することで、1つの医療機関での1か月の自己負担限度額が10,000円(上位所得組合員またはその被扶養者のうち、70歳未満で人工透析を必要とする慢性腎不全の療養を受けている方は20,000円。)となります。
  高額長期特定疾病に係る療養を受けている者で、高額療養費に係る自己負担限度額の特例を受けることを希望する場合は、「特定疾病療養認定申請書」を共済組合までご提出ください。

提出書類

関連リンク

高額療養費

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。