第2期データヘルス計画について

更新日: 2018年06月29日

  公立学校共済組合では、平成27年度からレセプトと特定健康診査のデータをもとに、より効果的な保健事業を実施する「データヘルス」を行っています。
  公立学校共済組合は健康づくりを通じて、組合員及びご家族の皆様の人生を応援いたします。

第2期データヘルス計画の取組について

  当共済組合では、平成27年度から平成29年度までを第1期データヘルス計画、平成30年度から平成35年度までを第2期データヘルス計画として実施しています。
  このたび、宮城支部の分析結果と課題を取りまとめ、第2期データヘルス計画の取組を作成しましたので、お知らせします。

データヘルス実施の背景

  平成18年度からレセプトの電子化が段階的に義務付けられ、平成20年度に特定健康診査が導入されて統一された健診データの蓄積が進んできました。
  これを受けて、平成25年度に国が閣議決定した「日本再興戦略」や、関係閣僚申合わせによる「健康・医療戦略」に基づき、予防・健康管理の推進に関する新たな仕組みづくりとして「データヘルス計画」が始まることになりました。
  国は、国民の健康寿命の延伸(健康である期間の延長)を目指し、保険者と事業主が一体となった「データヘルス計画」による健康増進を、平成27年4月より推し進めることとしています。このため、平成27年度から公立学校共済組合においてもデータヘルスを開始しています。




担当部署




PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。