こんなときガイド

公立学校に就職したとき

公立学校に就職したら、次の手続をしてください。

結婚するとき

結婚され、「氏名や住所を変更したとき」または「配偶者を被扶養者にするとき」は共済組合への手続が必要です。 また、結婚するために資金を必要とする場合、「結婚貸付け」を借りることができます。

子どもが生まれるとき

組合員やその被扶養者が出産したときは、公立学校共済組合から次のような給付が受けられます。

病気やケガをしたとき

交通事故にあったとき

交通事故など、第三者の行為によってケガをしたり病気になった場合、その治療費に要する費用の負担は加害者の責任です。

災害にあったとき

非常災害により組合員や家族が死亡したときは弔慰金が支給され、非常災害により組合員や家族の住居、家財に損害を生じたときは災害見舞金が支給されるほか、資金を必要とする場合、災害貸付け・住宅災害貸付けを借受けることができます。

資金を必要とするとき

貸付事業は、組合員の皆様の臨時の支出に必要な資金や、住宅又は土地取得のために必要な資金等の貸付けを行なう事業です。

休職したとき

組合員がやむをえず欠勤や休業をして、給料が減額された場合は、公立学校共済組合から次のような給付が受けられます。

退職するとき

組合員が退職したとき、他の共済組合に転出したときは、退職した日の翌日から、組合員及び被扶養者の資格がなくなります。

死亡したとき

組合員又はその家族が不幸にも死亡した場合は、公立学校共済組合から埋葬に要する給付と弔慰に関する給付が受けられます。