事業の実施状況・長期給付事業

更新日: 2021年06月01日

  組合員の障害給付、退職者の老齢給付及び遺族給付等の年金給付を行うためのものです。
  財源は組合員の皆様の保険料等と事業主(地方公共団体)の負担金です。
  令和2年度の収入内訳は、「厚生年金保険経理」に約144億2,522万円、新3階年金の支給に係る「退職等年金経理」に約8億8,500万円、そして年金一元化後に従前の「長期経理」が廃止されたことにより新設し、長期経理の積立金等を承継した「経過的長期経理」に9,944万円、合計154億966万円となりました。
  これらの資金は、全額共済本部へ送金され、年金受給者への支払い、及び将来の年金給付資金として積み立てられます。