出産手当金の請求手続き

更新日: 2016年10月05日

支給要件

  出産手当金は休業給付です。
  出産前後の期間について、特別休暇として給料が全額支給される場合には該当しませんが,次の場合は該当します。

  •   無給休職期間中における出産
  •   1年以上組合員であった人が退職後6か月以内に出産した場合は給付されていましたが、平成19年4月1日から廃止されました。ただし、退職日の前日までに支給事由が発生している場合は給付されます。

  
  所定の請求書に医師の出産の事実の証明を受けて、所属所(学校等)を経由して、広島支部へ提出してください。

提出書類

・休業手当金・出産手当金請求書
  (「福利厚生事務の手引」様式集§10-013から022頁、様式ダウンロード(給付関係09から11))
注:時期に応じた様式を使用してください。


添付書類

  • 給与明細書の写し[給与等明細支払簿(領収証書)の写しでも可]  注:原本証明を付したもの
  • 出勤簿の写し  注:原本証明を付したもの

関連リンク

出産手当金