データヘルス計画

更新日: 2021年12月06日

  公立学校共済組合広島支部では、平成27年度からレセプトと特定健康診査のデータをもとに、より効果的な保健事業を実施する「データヘルス」を始めることとなりました。
  公立学校共済組合広島支部は健康づくりを通じて、組合員およびご家族の皆さまの人生を応援いたします。

広島支部第2期データヘルス計画(中間評価)

平成29年度に策定したデータヘルス計画第2期を、令和2年度から令和3年度にかけて、中間評価を行い、データヘルス計画の更新を行いました。

広島支部第2期データヘルス計画


  

広島支部データヘルス計画について(第1期)

  広島支部データヘルス計画がはじまりました。
  公立学校共済組合広島支部の組合員・被扶養者の皆さまが医療機関を受診された際のレセプト(診療報酬明細書)データや特定健康診査・特定保健指導のデータを分析し、そこから見えてくる広島支部の健康課題に基づき、より効果的な保健事業を実施していくための計画です。
  計画期間は、第1期として、平成27年度から平成29年度までの3年間となりました。
  健康づくりの主役は皆さま一人一人です。広島支部では今後もより詳しい分析を行い、健康づくりに役立つ保健事業を展開し、組合員・ご家族の皆さまの健康づくりを応援していきますので、ぜひ積極的にご活用ください。

データヘルス計画書  広島支部(第1期)

関連リンク

公立学校共済組合本部  データヘルスについて

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。