あん摩・マッサージ費用の請求手続き

更新日: 2022年01月24日

  治療上あん摩・マッサージを必要なもの(主として麻痺)として医師の同意を得てマッサージを施術した場合に、その費用が支給されます。

対象

本人・家族

支給額

  厚生労働省が定める基準額の7割、70歳以上75歳未満の本人・家族は8割(ただし、一定以上所得者は7割)、未就学児の家族は8割の法定給付の額に附加給付の額などが加算された金額となります。

厚生労働省が定める基準額(令和2年12月1日以降適用)
(1)マッサージを行った場合  1局所につき350円

(2)温罨法を(1)と併施した場合 1回につき110円加算

注 温罨法と併せて、施術効果を促進するため、あん摩・マッサージの業務の範囲内において人の健康に危害を及ぼすおそれのない電気光線器具を使用した場合にあっては150円とする。

(3)変形徒手矯正術を(1)と併施した場合1肢につき450円加算

注 変形徒手矯正術と温罨法の併施は認められない。

(4)往療料2,300円
注1 往療距離が片道4キロメートルを超えた場合は、2,550円とする。

注2 片道16キロメートルを超える場合の往療料は、往療を必要とする絶対的な理由がある場合以外は認められないこと。

(5)施術報告書交付料 460円

請求手続

  マッサージの施術に要した費用の請求は、「療養費・家族療養費請求書」に「医師の同意書」※の原本及び「施術料金領収書」※の原本を添えて、所属所(学校等)を経て支部に提出してください。※同程度の内容が分かれば様式は問いません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。