特定健康診査及び特定保健指導について

更新日: 2018年06月22日

  当共済組合では、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、組合員(任意継続組合員を含む。)及びその被扶養者のみなさまで、年度内に40歳から75歳に達する方(75歳に達する方は、75歳の誕生日の前日まで受診が可能です。)を対象に、内臓脂肪の状態に着目した健康診査(特定健康診査)と、その健診結果を使って判定したメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者及び予備群の方に生活習慣の改善をサポートする保健指導(特定保健指導)を行います。

特定健康診査

■組合員の方
  職場の定期健康診断又は人間ドック(宿泊ドック及び一日ドック)の受診をもって特定健康診査と代えることとしています。なお、特定健康診査項目の結果については、学校設置者等または健診機関をとおしてデータを受領しますので、個人で提出する必要はありません。


■被扶養者の方・任意継続組合員(その被扶養者を含む。)の方
○対象となる方に「特定健康診査受診券」を2回に分けて交付します。
   第1回  5月28日付で交付しました。(注記:4月末現在の対象者全員)
   第2回  6月末に交付予定です。(注記:4月末現在の対象者で追加認定となった方)
受診を希望する医療機関に直接事前に電話連絡のうえ受診してください。
○受診の際は、受診機関窓口に「特定健康診査受診券」と「組合員証等」を提出してください。どちらか一方だけでは受診できません。
○健診結果は、受診券に記載された住所へ健診機関から送付されます。また、特定健康診査項目の結果については、健診機関から直接データを受領しますので、個人で提出する必要はありません。


注記:特定健康診査は無料で受診できます。
注記:受診券の有効期限は平成31年1月31日までとなっております。

特定健康診査の検査項目は?

基本的な項目 ・質問票(服薬歴、喫煙歴等)
・身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
・血圧測定
・理学的検査(身体診察)
・検尿(尿糖、尿蛋白)
・血液検査
−脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
−血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
−肝機能検査(GOT、GPT、r−GTP)
詳細な健診の項目

・心電図
・眼底検査 
・クレアチニン(eGFR)
・貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
注記:一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施

特定保健指導

■組合員の方
  健診結果を基に保健指導の対象者を選定し、対象者となった方には「特定保健指導利用券」を順次、交付します。


■被扶養者及び任意継続組合員(その被扶養者を含む。)の方
  健診結果を基に保健指導の対象者を選定し、対象者となった方には「特定保健指導利用券」を順次、交付します。

特定保健指導について

注記:特定保健指導は、無料で利用できます。
注記:利用券の有効期限は平成31年3月31日までとなっております。


【お問い合わせ】
公立学校共済組合青森支部  給付・保健グループ
電話:017-734-9916