青森支部が保有する個人情報の利用目的について

更新日: 2021年11月04日

公立学校共済組合青森支部が保有する個人情報の利用目的の公表について

  公立学校共済組合青森支部で保有する個人情報の取扱いに関する細則第6条に基づき、保有する個人情報の利用目的を公表します。


個人情報保有機関の名称

公立学校共済組合青森支部

保有する個人情報の利用目的

(1)組合員・被扶養者の資格関係

  • 共済組合員資格の取得・喪失及び被扶養者の認定・取消等 
  • 国民年金第3号被保険者届出

(2)短期給付事業関係
保健給付、休業給付、災害給付、附加給付等、退職後の給付、短期給付に関する通知等


(3)長期給付事業関係
退職給付(退職共済年金)、障害給付(障害共済年金・障害一時金)、遺族給付(遺族共済年金) 


(4)貸付事業関係
一般、特別、住宅(介護構造含む)、住宅災害、教育、災害、医療、結婚、葬祭、高額医療、出産貸付け


(5)厚生事業関係
特定健診等事業、健康管理事業、一般事業


(6)組合員の掛金の徴収


(7)一般財団法人青森県教職員互助会(以下「互助会」という。)が行う給付事業のための情報提供(互助会加入者のみ)
注記1:互助会に提供する個人データ
組合員・被扶養者情報、医療費等の計算に関する情報、給付情報
注記2:情報提供の手段
紙媒体またはフロッピーディスク等の電子媒体により行います。


附則
  「互助会が行う給付事業のための情報提供(互助会加入者のみ)」については、公立学校共済組合個人情報保護規程第10条第2項の規定によります。
  互助会は、教職員とその家族の生活安定と福祉の向上を図ることを目的に、公立学校共済組合青森支部及び青森県教育庁職員福利課と連携して事業を行っており、扱う情報に密接な関連があるという観点から、公立学校共済組合青森支部が保有する個人情報の利用目的に、互助会への情報提供を含めるものです。