平成29年度の年金額のお知らせ

更新日: 2017年08月26日

  年金額は、毎年の物価や賃金の変動に応じて、翌年度に改定することとなっています。
  平成28年度平均の全国消費者物価指数は、前年度と比べて0.1%下落しました。
  このため、平成29年4月からの年金額は、原則として0.1%減額され、6月定期支給期分(4・5月分)から年金の支給額が変わります。
  改定後の年金については、6月に送付する「年金額改定通知書」をご覧ください。

  


また、在職中の老齢・退職給付の年金受給者の方について、平成29年度の年金の支給停止額の計算の基準額が、次のとおり変更されました。

65歳未満65歳以上
平成28年度 賃金の月額+年金の月額>28万円 賃金の月額+年金の月額>47万円
平成29年度 賃金の月額+年金の月額>28万円 賃金の月額+年金の月額>46万円

  制度の詳細は、「就職したときや議員となったとき」をご覧ください。