「福祉保険制度」入院費用給付金のご加入者へのお知らせ(重要)

更新日: 2022年09月22日

新型コロナウイルス感染者に関する「みなし入院」の取扱い変更について

  令和4年9月26日以降、新たに新型コロナウイルス感染症と医師から診断され、医師や保健所の判断により宿泊療養、自宅療養をされた場合の「福祉保険制度」入院費用給付金の取扱い(「みなし入院」による取扱い)について、次のとおり変更いたします。

「みなし入院」のお支払い対象者は「重症化リスクが高い方」のみとなります。
「重症化リスクが高い方」とは、具体的には以下の4類型に該当する方となります。

  • 65歳以上の方
  • 入院を要する方
  • 重症化リスクがあり、新型コロナウイルス治療薬の投与または新たに酸素投与が必要と、医師が判断する方
  • 妊婦の方


  なお、令和4年9月25日までに新型コロナウイルス感染症と医師によって診断された方については、重症化リスクにかかわらず、お支払いの対象となります。

請求に関してのお問い合わせ

福祉保険制度請求相談センター   電話:0120-660-998
(受付時間:祝日を除く月曜日から金曜日 10時から16時)

注記:現在、お問い合わせが増えており、曜日、時間帯によってはつながりにくい場合がありますのでご了承ください。

制度内容や取扱い全般についてのお問い合わせ

公立学校共済組合福祉保険制度担当   電話:0120-778-599
(受付時間:祝日を除く月曜日から金曜日 10時から16時)

注記1:ご自身の加入内容に関しては、「加入者票兼生命保険料控除証明書」をご確認ください(「加入者票兼生命保険料控除証明書」は、加入者のご自宅に10月中旬頃に届きます。)。
注記2:「福祉保険制度」は、毎年6月から7月頃に募集を行います。本年度(令和4年11月1日更新)の加入・変更手続き期間は終了していますので、ご了承ください。