新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う事務処理への影響

更新日: 2021年04月23日

 

組合員の皆様へ

公立学校共済組合三重支部

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う対応について

   世界中の国々で新型コロナウイルス感染症が猛威を奮い、未だ各国政府はウイルスの封じ込めに至っておりません。我が国においても感染拡大の一途を辿っております。

   これを受けて当支部の事務処理に当たっても様々な影響を受けています。

   感染拡大の防止に努めながら、組合員や被扶養者の皆様へ必要なサービスの提供を行うため、事務処理において、下記のとおり対応することとしますので御承知おき願います。

   老齢・障害・遺族年金の決定にあたっては、その過程で、東京に事務所を置く公立学校共済組合本部(以下「本部」)で審査を行っています。
   本部では政府や東京都の対応方針を踏まえ、勤務体制の縮小を図りつつ業務を継続しています。このため、各種年金の審査・決定に当たり、通常より時間を要しています。具体的な事務に要する時間については、このような状況のため明確にお示しすることができません。
   なお、年金は決定次第、受給権発生時に遡及して支払うため、審査の遅延による給付額への影響はありません。

   厚生事業等については今後の状況を踏まえて対応を逐次見直し、見直した内容については、ホームページでお知らせするとともに、必要に応じ利用者に対して文書にてお知らせいたします。