貸付け申請に雇用形態証明書が必要になります

更新日: 2020年11月17日

令和2年度から臨時的任用職員が組合員資格を取得しましたが、退職手当の支給がない、または任期の定めのある組合員は、残任期月数以内で償還できる範囲で貸付けを行う特別貸付けが利用できます。

今後の貸付け申請時に以下の確認を行うため、従来の貸付申込書類に加えて雇用形態証明書の提出をお願いします。

目的

・貸付種別の確認
(退職手当の支給がない、または任期の定めがある場合は、特別貸付けに該当するため)

・任用期間の確認
(特別貸付けの場合は、任用期間によって貸付限度額が変わるため)

様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。