データヘルス計画を掲載しました

更新日: 2018年03月10日

  データヘルス計画とは、国民の健康寿命の延伸等の実現のため、データをもとに、PDCAサイクルで効果的・効率的に保健事業を実施することです。
  作成するにあたり、診療報酬明細書(レセプト)及び特定健診・特定保健指導のデータ等を活用しています。(注記)
  データ分析に際しては、公立学校共済組合全体平均並びに性・年齢構成の近い支部と比較することで当支部の特徴を確認し、それを基に今後の保健事業の計画を行いました。

  (注記)  診療報酬明細書(レセプト):医療費のうち、一部は組合員・被扶養者が窓口で支払いますが、残りの医療費は医療機関等から公立学校共済組合に請求されます。医療機関等が請求する際につくる資料がレセプトです。このレセプトには疾病名や、どういった治療を行ったか、それにかかる費用等が載っています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。